楽天Edyはクレジットカードチャージでお得!メリット・活用術を解説

クレジットカード活用・実践 更新:2017年11月30日 公開:2017年7月19日5,573 view

楽天Edy

「楽天Edy」は、使い勝手もよく人気のある電子マネーですが、現金でチャージするよりも「クレジットカード」でチャージしたほうがお得になります。

今回は、楽天Edyについて、Edyを使うメリットやクレジットカードと一緒に使うとお得な理由、Edyと相性の良いカードの選び方などを解説します。楽天Edyを上手に活用し、スマートにお買い物が楽しめるようにしましょう。

電子マネー「楽天Edy」とは?

楽天Edy電子マネー「楽天Edy」とは、事前にチャージしておいた金額だけお買い物に利用できる「前払い型」電子マネーです。

お店でよく見る電子マネーの支払機に、楽天Edyのカードやおさいふケータイをかざすだけで決済が完了するため、非常にスマートなお会計が可能です。

楽天市場はもちろん、全国の加盟店で支払いに利用することができ、現金を持っていなくてもチャージ済みの楽天Edyさえあればスマートに買い物を楽しめるので、幅広い層に人気がある電子マネーです。

楽天Edyを使うメリット5つ!

活用術

楽天Edyを使うことで、現金決済と比べて様々なメリットがあります。
ここでは、楽天Edyを使うメリットを5つご紹介します。

MERIT

楽天Edyを使うべき5つのメリット

  • 楽天Edyなら小銭がいらない、探す手間がない!
  • 楽天Edyはチャージさえしておけばスムーズに決済が可能
  • 楽天Edyは先払いなのでいくら使ったか一目で分かる
  • 楽天Edyならポイントがどんどん貯まる!
  • 楽天Edyは加盟店が多く使いやすい

1.楽天Edyなら小銭がいらない、探す手間がない!

電子マネーに共通するメリットの1つと言えますが、楽天Edyを使えば、小銭の用意が不要で簡単に決済することができます。

楽天Edyはカード式、もしくはおサイフケータイと一体になっているものがほとんどですので、持ち歩く際もかさばらず邪魔になりません。

例えば、コンビニなどで少額決済時に小銭を出す時間がかかってしまい、後ろの人を待たせてきまずい思いをした経験があるという方も少なくないと思います。こういう時に役立つ、スムーズな決済方法としては「電子マネー」もしくは「クレジットカード(コンビニなら10,000円までサインレス)」があります。

しかし、クレジットカードをわざわざ少額決済に使うのは抵抗がある方も少なくないので、そういった方でも気軽に使える「電子マネー」の「楽天Edy」はスマートな決済手段としてとてもおすすめです。

楽天Edyを使えば、小銭が足りない、お札しかなくて申し訳ないなど、そういったストレスからも解放されますので、普段コンビニなどでもっとスムーズに決済したいと感じている方必携です。

2.楽天Edyはチャージさえしておけばスムーズに決済が可能

小銭が不要の解説でも触れましたが、楽天Edyは事前にチャージをしっかりしておけば、お財布の中身をいちいち確認する手間もなく「ピッ」とかざすだけで会計が完了します。

会計に現金払いで、しかも細かい金額をお財布から出そうとすると時間がかかってしまいストレスになりますが、チャージがしっかりしてある状態なら数秒で支払いが完了するため、忙しい方にも便利です。

ただし、事前にある程度の金額がチャージされていなければ、残高が足りなくてチャージする、という手間が発生しますので、ある程度まとまった金額を常にチャージしておくか、もしくは「オートチャージ」が使えるクレジットカードと併用するのがおすすめです。

3.楽天Edyは先払いなのでいくら使ったか一目で分かる

電子マネーには、チャージタイプの「先払い式」と、クレジットタイプの「後払い式」の2種類があります。

後者の代表例である「iD」や「QUICPay」などはクレジットカードの利用を簡単にできる「ポストペイ型」の電子マネーという位置付けのため、その場で引き落としがされるのではなく、後からクレジットカードの請求と一緒に引き落としがされます。

そのため、チャージする手間はありませんが、利用時に残高などが表示されることもないので、ついついいくら合計で使ったか分からなくなるという方もいます。

楽天Edyは先払い方式を採用しているため、事前にチャージするという手間はあるものの、いくら使っているか、残高がどの程度かを管理しやすくなっています。

予算をあらかじめチャージしておき、無くなるまでしか使えない、という家計管理の方法もできるので、いくら使ってしまったかをあまり気にせずに安心して使うことができるのがうれしいポイントです。

4.楽天Edyならポイントがどんどん貯まる!

楽天Edyは楽天グループが提供している電子マネーのため、共通ポイントである「楽天スーパーポイント」が貯まるというお得なシステムが採用されています。

Edy利用200円につき「1ポイント」貯まり、1ポイント=1円として全国の楽天スーパーポイント(Rポイント)加盟店、もしくは楽天関係のインターネットサイトで利用できるので、還元率は0.5%です。

0.5%の還元率と聞くとそれほど高くない印象を持つかもしれませんが、現金決済と比べて常時0.5%の「実質割引」が受けられると考えると良いのではないでしょうか。

現金決済を一部楽天Edyに切り替えて、年間例えば60万円(月に5万円)利用したとすると、それだけでも3,000円分のポイントが付与されます。現金決済では1円もポイント還元されませんので、これだけでもちょっとしたランチ代以上になり、お得と言えますね。

5.楽天Edyは加盟店が多く使いやすい

楽天Edyは、全国38万ヶ所以上の加盟店があり、中にはiDなどの後払い式電子マネーを取り扱っていなくてもEdyはOK、という店舗も存在します。

主要なコンビニエンスストアはもちろん、スーパーやパン屋さん、飲食店などでも楽天Edyが使えるお店はありますので、使えるお店さえ押さえておけば旅行先でも気軽に持っていけます。

使える店舗としては、一例として有名どころで以下の店舗があります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート ほか主要コンビニ
  • イトーヨーカドー
  • アピタ、ピアゴ
  • オアシス
  • マルエツ
  • マツモトキヨシ
  • ドラックセガミ
  • ココカラファイン
  • アマノドラッグ
  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • ニッセン
  • ブックオフ
  • タカシマヤ
  • マクドナルド
  • ガスト

ここではほんの一例しか紹介できませんでしたが、居酒屋や飲食店、ホテル、デパート、ショッピングモールなども対応しているほか、空港や機内販売に楽天Edyが使える航空会社もありますので、楽天Edyを使っている、使いたいと思っている方は、ぜひ一度公式ホームページで利用可能店舗を確認してみてください。

楽天Edyとクレジットカードを組み合わせるとお得な理由

チャージ

楽天Edyを使っている方には、ぜひ現金でのチャージではなく「クレジットカード」でのチャージを利用してみてください。

中には電子マネーへのチャージでポイントが貯まらないクレジットカードも存在しますが、きちんとポイントが付与される相性の良いカードであれば、楽天Edy利用時のポイントだけではなく、楽天Edyに「チャージ」する際のポイントまで付与されます。

つまり、「クレジットカードの利用ポイント」と「楽天Edy利用ポイント」の2重取りが可能ということですね。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%程度のものが多いですが、0.5%と仮定しても、Edy利用時のポイント還元率とあわせて「1.0%」の還元率を実現可能です。

いままで現金チャージをしていた方も、より上手にEdyを活用したいなら「クレジットカード」でのチャージを検討してみてくださいね。

楽天Edy一体型カードとは?何が便利なの?

楽天Edy一体型カードとは、文字どおり「楽天Edy」と「クレジットカード」の機能が1枚に集約されているカードのことです。

今まで楽天Edyとクレジットカードを2枚持ちしていた方も、「1枚」にできるので、かさばらずお財布の中身がスッキリするというのが便利なポイントです。

基本的には楽天Edy一体型カードのメリットは「1枚でクレジットカードと楽天Edyどちらの機能も使える」という点のみですが、一部の一体型カード(楽天カードのみ)では、残高が一定以下になった際に自動でチャージ(入金)される「オートチャージ」機能も使えますので、より便利さを求める方はオートチャージ機能がついた楽天Edy一体型カードを選ぶと良いでしょう。

楽天Edyをチャージするのにお得なカードの選び方

疑問

楽天Edyをチャージするなら現金よりもクレジットカードがお得、ということは先に紹介いたしましたが、上手にカードを選ばなくてはあまり得しないケースもあります。ここでは、楽天Edyのチャージと相性の良いクレジットカードを選ぶポイントを3つご紹介します。

POINT

楽天Edyのチャージにおすすめのクレジットカードのポイント

  • 楽天Edyにチャージできちんとポイントが貯まる
  • ポイント還元率が良い
  • オートチャージが使えるとさらに便利

1.楽天Edyにチャージできちんとポイントが貯まる

意外と知らない方も多いのですが、電子マネーへのチャージは「ポイント付与対象外」となっているクレジットカードも少なくありません。

ですので、せっかく楽天Edyにチャージしようとクレジットカードを用意しても、まったくポイントがつかず、チャージ分を後払いにできるというメリットくらいしか受けられないということも考えられます。

クレジットカードを使うメリットをしっかり受けたいのなら、事前に楽天Edyでポイントが付与されるカードかどうかを確認してから申し込むようにしましょう。

2.ポイント還元率が良い

楽天Edyにチャージするクレジットカードを選ぶなら、「ポイント還元率」も重視して選ぶとよりお得度が高くなります。

例えば、リクルートカードは楽天Edyにチャージするのに最もポイント還元率の良いカードで、通常1.2%のポイント還元率でチャージ可能です。楽天Edyを使った時に付与されるRポイント(還元率0.5%)を加味すると、なんと合計で1.7%の還元率になり、他社とは比較できないほどの高還元率です。

これはあくまでも一例ですが、目安としてはEdy利用時に付与されるポイントと合わせて1.0%以上、つまり楽天Edyチャージで0.5%のポイントが貯まるカードであれば還元率はそれほど悪くないでしょう。

チャージポイントが全くつかないというクレジットカードもたくさんありますので、公式ページや当サイトを活用して、上手にポイントがつくカードを探してみてください。

3.オートチャージが使えるとさらに便利

クレジットカードでオートチャージが使えるというと、おサイフケータイを利用するか、もしくは「楽天Edy一体型楽天カード」しか選択肢がありません。

前者はチャージに対応しているクレジットカードならどれでも利用できますが、クレジットカードそのものにオートチャージ機能がついているのは「楽天カード」のみですので、選択肢は狭まります。

ただし、楽天カード以外の一般のクレジットカードでは、おサイフケータイを持っていなければ自宅でFeliCaポート(PCに内蔵していない場合、PC用アクセサリが必要)を使って、事前に登録したクレジットカードからチャージするしかないため、楽天カードと比べて少しだけ不便です。

どのカードでもコンビニなどでチャージできるわけではないので、覚えておきましょう。

楽天Edyチャージでおすすめのクレジットカード3選

楽天Edyにチャージできるカードはいくつか種類がありますが、その中でも特にお得でおすすめできるクレジットカードを3枚ご紹介します。

楽天カード

楽天カード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜4.0% 発行日数 最短3日

楽天カード(楽天Edy一体型)は、楽天グループから発行されている年会費無料のクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

楽天カード新規入会&利用で、もれなく5,000円相当ポイントプレゼント!+Edy機能付帯選択で500円分のEdyチャージ


Edyのサービスを提供している会社から発行されているカードというだけあって、このカードを持っていれば楽天Edyの使いやすさがグッと高まります。

楽天カード(Edy一体型)は、文字どおり楽天Edyカードと一体になっているので、別に楽天Edy専用カードを持つ必要がなく、お財布でかさばりません。
そのため、2枚別に持つよりもすっきりと持ち歩くことが可能です。

また、Edy機能付き楽天カードだけの特典として、「オートチャージ」と「いつでもEdyチャージ」があります。

オートチャージは、事前に残高を設定しておくことで、「ローソン」もしくは「ファミリーマート」での楽天Edy決済時に、支払いと同時に、自動的に設定金額までチャージしてくれるサービスです。

チャージがしたいけれど、コンビニでお買い物をせずにチャージしたいという場合に便利なのが、ファミリーマートのファミポートなどでEdyをチャージできる「いつでもEdyチャージ」です。
これは、事前に楽天会員専用サイト「楽天e-NAVI」でチャージ金額を設定しておけば、専用端末で「1日1回まで」すぐに受け取れるので、出先でチャージしたくなった時などに活用できます。

Edyにチャージした際のポイント還元率は0.5%ですので、Edy利用時のポイントと合わせて「1.0%」となり、還元率も悪くありませんので、Edyをどんどん活用したい、とにかく使いやすくしたい方に最適な1枚です。

エポスカード

エポスカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5〜5.0% 発行日数 最短即日発行

エポスカードは、デパートなどで有名な丸井グループに属する「株式会社エポスカード」から発行されているクレジットカードです。入会金・年会費は無料で、マルイグループユーザーにはおすすめの特典が盛りだくさんのカードです。

入会限定キャンペーン

カード新規ご入会&ご利用で最大
Net限定!エポスカードの新規ご入会・ご登録・ご利用で
2,000円分のエポスポイントをプレゼント!

今回は「楽天Edy」をチャージするのにおすすめなクレジットカードとして特徴をご説明しますと、エポスカードは楽天Edyにチャージでポイントが貯まるカードの1つ、かつ「Edyでポイント」に対応しているカードですので、利用時のポイントと合わせて最大で「1.0%」のポイント還元率を誇ります。

エポスカードを使っておサイフケータイ、もしくはFelicaポートでのパソコンからのチャージで、1,000円につき5エポスポイントが貯まります。

おサイフケータイ対応機種(もしくは対応アクセサリをつけたスマートフォン)なら、さらに「Edyでポイント」に事前登録でエポスポイントを選択しておけば、200円につき1エポスポイントが付与されます。エポスポイントは1ポイント=1円相当の価値がありますので、合計で1.0%ということですね。

おサイフケータイを持っていなくても、Edy専用カードには「楽天スーパーポイント」が貯まりますので、貯められるポイントの種類は変わってしまいますが、実質還元率は変わりません。

リクルートカード

リクルートカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.2%〜2.2% 発行日数 約3週間程度

リクルートカードは、リクルートグループから発行されているクレジットカードで、常時ポイント還元率1.2%を誇る高還元率カードです。年会費は永年無料ですので、高額な年会費で維持しにくくなるということもなく、日常使いでもおすすめできる内容です。

入会限定キャンペーン

新規入会+ご利用で最大6,000円相当のポイントプレゼント!

楽天カードなどは通常1.0%の還元率のところを、楽天Edyチャージでは「0.5%」と還元率が落ちてしまいますが、リクルートカードは楽天Edyへのチャージでも「1.2%」のポイント還元率でリクルートポイントが付与されるので、楽天Edyチャージ時の還元率はトップクラスです。

注意点として、国際ブランドは「VISA」もしくは「MasterCard」を選ばないと楽天Edyチャージに対応しないというものがありますので、申し込みの際はきちんと確認しましょう。

貯まったリクルートポイントは1ポイント=1Pontaポイントとして、Pontaポイントにも交換できます。

おサイフケータイを利用できるなら、「Edyでポイント」事前登録でポイントを「Pontaポイント」に設定しておけば、Edy利用時にポイントが「Pontaポイント」として0.5%還元されます。
合計1.7%の還元率でPontaポイントにまとめて貯めることができますので、ぜひ活用しましょう。

まとめ|クレジットカードで楽天Edyをもっとお得に使おう

楽天Edyは現金でのチャージでも十分に便利と言える電子マネーですが、クレジットカードのチャージと併用することで、さらにお得にポイントを貯めることができます。

また、一部のクレジットカードやおサイフケータイ利用で「オートチャージ」の機能も活用でき、特定のコンビニで決済する際に「自動」でチャージが行われますので、事前登録さえしておけば「残高が足りなかった」というトラブルも回避できます。

今まで現金決済に頼っていた方も、小銭いらずでスマート、かつ先払いで安心(残高がわかりやすい、管理しやすい)の楽天Edyをぜひ上手に活用し、日常のお買い物をよりお得・便利にしてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集