クレジットカードで金券・商品券は買える?

クレジットカード活用・実践 更新:2018年4月26日 公開:2018年4月26日405 view

チケット・金券

クレジットカードは何を購入する際も便利・お得で、金券・商品券を買う際も利用したいという方もいると思います。
今回は、クレジットカードを使って金券や商品券を買う方法やメリットを解説します。
注意点もありますので、きちんと把握した上で上手にカードを活用してくださいね。

クレジットカードで金券・商品券を購入する方法

クレジットカードで金券や商品券を購入する方法は、2種類あります。

POINT

  • ネットショッピング
  • 店舗

ネットショッピング

ネットショッピングで購入するのは、金券やギフトカードの「公式サイト」からはもちろん、「金券ショップ」からも可能です。
公式サイトから購入する方法ですと、定価で取引されることが多いのですが、中にはクレジットカード決済に対応していないところもあります。
そういったネットショップでは、銀行振込やコンビニ決済、代金引換、ネット銀行決済などの支払い方法が用意されていますが、カード支払いができない分、手数料や手間がかかってしまいます。

また、クレジットカードでの購入が可能であっても、「JCBギフトカード」のように、「JCBカードでしか購入できない」といったカードごとの購入制限がついているケースもありますので、自分が購入したいギフトカードはクレジットカード払い対応か、ブランドは制限がないかなどを確認しておきましょう。

一部金券ショップでは高額で販売されていることも!

公式サイト以外で金券・商品券を購入となると、ネットショッピング可能な「金券ショップ」などになってくると思います。
普通よりも少しは安く、もしくは金券が購入できるような優良ショップのほとんどは「銀行振込」や「Pay-easy(ペイジー)」などしか対応していないケースも多く、クレジットカード決済は基本的に使えません。
中にはクレジットカード決済可能をうたっている金券・商品券販売サイトもありますが、金券の値段を見てみると定価の10%以上高いということも珍しくありません。
そこまでしてクレジットカードで金券購入するのはかえって「損」ですので、定価、もしくは定価に近い値段で購入できないのであれば、潔く現金購入が賢い選択です。

店舗

さて、一部ネットショップではOKでも店舗でクレジットカードが使えるのかというと、実際は「JCBカードでJCBギフトカードを買う」といった特殊なパターンを除いては、基本的に「使えない」と言っていいでしょう。
理由は簡単で、金券ショップは利益率が非常に低く、数%程度しかないと言われています。
そこでクレジットカード決済を許可してしまうと、良くてプラスマイナスゼロ、最悪の場合「常に赤字」、つまり「慈善事業」のような状態になりかねません。
そういった事情から、金券に高額な値段設定をしているような一部の業者を除いては、基本的に「クレジットカード決済はできない」ことになっています。

クレジットカードで金券・商品券を買うメリット

クレジットカードで金券や商品券を購入するのは、できないことはないものの、ちょっとハードルが高めということが分かってきたと思います。
ここでは、「JCBカードでJCBギフト券を購入」のような「正規の値段でカード払いができる」ケースに限った話での、クレジットカード利用の「メリット」を解説します。
もちろん、定価を超える値段の金券に対しては言えない内容もありますので、よく注意してくださいね。

POINT

  • ポイント還元が受けられる
  • いくら分買ったかが利用明細書で確認しやすい
  • 購入時に現金を用意しなくても良い

1.ポイント還元が受けられる

クレジットカードで金券や商品券を購入する一番のメリットは、「ポイント還元が受けられる」ということです。
普通では現金を用意しての購入方法しかないため、公式で購入すれば定価よりも安くなることが少ない「金券」ですが、クレジットカード購入の場合は、多いと1.0%程度のポイントがつきます。

例えば、10万円の金券・もしくは商品券を購入しようと思った時、現金購入ではあまりメリットがありませんが、クレジットカード払い、かつ還元率1.0%のカードを使ったとすると、「1,000円分」のポイントが付与されます。
1,000円というと、ランチやごほうびのスイーツなどを購入できる金額ですよね。

ポイント還元が受けられるというだけでも、クレジットカード払いにするメリットは非常に大きいと言えます。

2.いくら分買ったかが利用明細書で確認しやすい

クレジットカードの利用明細書は、いつ、いくら使ったかがわかりやすく、引き落としも一括で行われるのでお金の管理がしやすくなっています。
金券や商品券をギフト目的で現金購入したとすると、いくら購入したかはレシートなどがないと、うっかりわからなくなってしまうこともありますよね。

利用明細書なら会員サイトをオンラインでチェックできますので、いつでも、どこでも把握しやすいため、家計管理も楽になりおすすめです。

3.購入時に現金を用意しなくても良い

金券や商品券のクレジットカード購入以外の方法というと、電子マネーでも決済できないケースがほとんどですので、基本的には「現金」での購入になります。
現金を用意するのは、銀行でお金を下ろしてくる手間もありますが、クレジットカード決済なら口座から直接引き落としがされるので便利です。
ネットショッピングでの決済方法としては、コンビニ支払いなどを用意しているケースもありますが、そういった支払い方法も「現金」がいる上に「コンビニまで行く」という二重の手間があるので、やはり「クレジットカード支払い」に勝る簡単さはないでしょう。

注意!金券・商品券をクレジットカード購入で「現金化」は禁止されている

女性

金券や商品券をクレジットカードで支払うのは、普通に利用する場合はメリットが多いですが、注意しておかなくてはいけないのが、「現金化」目的の時です。

クレジットカードで購入した商品を、「現金化」することは規約で禁止されており、万が一カード会社に現金化目的で商品券や金券を購入したことがバレてしまうと、カードの利用を停止されてしまうことも考えられます。

クレジットカードで普通に購入した商品が不要になったから売ってしまうということもよくあるかもしれませんが、「はじめから現金化目的」と、「しかたなく現金化した」というのは全く異なります。
カード会社からすると線引きが難しいため、1度だけでいきなりカードの利用を止められてしまうことはないかもしれませんが、疑われるような行動はとらないことをおすすめします。

現金化目的で金券・商品券を買うくらいなら「キャッシング」がおすすめ

クレジットカードの現金化を目的として金券や商品券を購入するのはカード停止などの「リスク」が伴いますので、絶対にやめるべきですが、では現金をすぐ用意したくても難しい場合にどのような手段があるかというと、思い立った時に使いやすい「キャッシング」がおすすめです。

キャッシングはクレジットカードを使って現金を借りる方法ですが、金券などを無理やりネットなどでカード購入するよりも、結果的に金利が安くすむことも多く、きちんとした「サービス」ですので、規約に触れるクレジットカードの現金化よりも、ずっと安全かつ安心して利用できます。

キャッシング機能つきのカードなら思い立った時にコンビニや銀行のATMですぐにお金を借りられて便利ですが、どちらかというと「短期での借り入れ」に向いているサービスですので、ちょっと長めにフリーローンを組みたいなら「カードローン」なども検討してみましょう。

まとめ|クレジットカードで金券・商品券を買うなら価格に注意しよう

クレジットカードで金券や商品券を「定価」で購入することは基本的には難しく、できたとしてもクレジットカードのブランドが指定されているなどやや不便な面があります。
ただし、組み合わせがうまくいき、クレジットカードで金券や商品券を定価で購入「できる」状況になった際は、ポイント還元などのメリットが受けられておすすめできます。

また、中にはわざわざ金券をカード払いにして転売すると言った「クレジットカード現金化」を考えている方もいるかもしれませんが、カードの規約に触れる行為ですので、やめておくのが懸命です。
自分が購入したい金券・商品券の種類によって適した支払い方法が異なりますので、一度自分の希望の商品がどんな支払い方法があるかをチェックし、その上でカード払いが可能であれば、ぜひお得に活用してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集