携帯料金はクレジットカード払いが断然おすすめ!電話代で得するポイント還元節約術

クレジットカード活用・実践 更新:2018年10月4日 公開:2018年8月24日125 view

スマホを持っている女性

携帯料金などの固定費を口座引き落としで支払っている方は少なくないと思いますが、そういった「固定費」こそクレジットカード支払いが向いているということはご存知でしょうか。クレジットカードは種類によっては高還元率でお得なものがあり、そういったカードで支払うのも良いですが、各キャリアには普通よりもさらに得するカードも存在します。

今回は、携帯料金をクレジットカードで支払うメリットやカードの選び方、カード払いの利用方法などを解説します。これから携帯料金をクレジットカードで支払おうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

携帯料金はクレジットカード払いが断然お得!

冒頭で少しお話しした通り、携帯料金は毎月おおよその金額が決まっている「固定費」であり、確実に支払いが発生するため、携帯料金に対してポイント還元率が高くなるクレジットカードで支払いをすれば、還元率の分だけ「お得」です。

例えば、ほんの一例ではありますが、ドコモの支払いにおすすめの「dカードゴールド」は、携帯料金・ドコモ光の料金の10%がポイント還元されるというしくみを持っています。このポイント還元は厳密に言えば「支払い」にdカードを使う必要はありませんが、広い意味で「クレジットカード」と「携帯料金支払い」を紐付けしてお得になる例です。

そのほかにも、1.0%の還元率のクレジットカードで支払いをすれば当然毎月1.0%分は現金よりもお得になりますので、毎月の携帯料金をクレジットカードで支払わないのは損だと言えます。

携帯料金をクレジットカード払いにする3つのメリット

携帯料金をクレジットカード支払いにするメリットは、次の3つです。クレジットカードの種類によってはさらにメリット多数なこともありますが、ここでは「一般的なメリット」を解説します。

POINT

携帯料金のクレジットカード払いを利用する3つのメリット

  • ポイント還元で携帯料金が実質安くなる
  • クレジットカードの付帯特典が使える
  • 支払い忘れがなくなる

1.ポイント還元で携帯料金が実質安くなる

携帯料金は請求書支払いや口座振替では何の割引も受けられないのが基本です。クレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイント還元率の分だけ携帯料金が実質安くなります。

たとえば、ポイント還元率が1.0%のクレジットカードで支払ったとすると、毎月の料金が2万円だった場合月に200円、1年間(12か月)で2,400円が浮く計算になります。たかが2,400円と思うかもしれませんが、ちょっとしたランチなら2回ほどいける金額です。あるのとないのとでは違いますから、少しでもお得にしたいなら、ぜひクレジットカードで支払いをしましょう。

2.クレジットカードの付帯特典が使える

クレジットカードの付帯特典には海外旅行傷害保険や各種クーポン、特定店での優待など様々なですが、いずれにせよクレジットカードにはそれぞれ「特典」や「サービス」がついていることが多く、せっかく携帯料金用にクレジットカードを持つのであれば「付帯特典」にも注目しておくといいでしょう。

一般的な付帯保険や優待特典などの「付帯特典」ももちろんメリットではありますが、中にはキャリアケータイ・スマホのユーザーに向けた特典を用意しているクレジットカードもあります。そういったカード特典を利用すれば、よりキャリアケータイ・スマホを快適に利用できることにも繋がります。

3.支払い忘れがなくなる

携帯料金の支払いは、請求書の場合などは、届いても忙しくて放置してしまい、気がついたら滞納していたということもありえない話ではありません。携帯料金の支払いが滞ってしまうと、その情報は「信用情報」、つまりクレヒスに登録されてしまい、今後お金を借りたりクレジットカードを作ったりするときに信用力を疑われ、お金を借りられない、作れないという状況になってしまいます。

クレジットカード支払いであれば、支払いはカードで自動的に行われ、月に1回の「引き落とし日」に現金さえ振替口座にいれておけば問題ありません。支払い忘れがなくなり、支払いに行く手間もなくなります。口座振替の方ですと、このままでも支払い忘れはしないとは思いますが、支払い管理が「カードの支払日」に一括で管理できるのも大きなメリットです。家計管理をスマートにするためにも、クレジットカード支払いは役立ちます。

携帯料金をクレジットカード払いに変更するための方法は?

携帯料金をクレジットカード支払いに変更するには、一般的に3通りの方法があります。

POINT

携帯料金をクレジットカード払いに変更するための3つの方法

  • 郵送
  • オンライン手続き
  • 店頭での手続き

郵送

郵送で申し込みをするには、はじめに電話やオンラインでの書類請求が必要です。
申し込み書類が届き次第、記入後に再び郵送にて手続きをするため、最も時間がかかります。効率が悪いため、あまりおすすめしません。

オンライン手続き

最も簡単で素早いのが「オンライン」での手続きです。
各キャリアのお客様専用ページにログインし、申し込むことができます。手続きの時期によっては反映が次回の支払い以降などとなってしまうこともありますが、簡単かつ早く手続きが済むのでおすすめです。

店頭での手続き

自分で手続きをするのが面倒な方は、支払いに使いたいクレジットカードを持って携帯会社の店頭へ行きましょう。
スタッフに支払い方法変更の旨を伝えれば、あとは順に手続きを進めてくれます。

自分での申し込みに自信がない、やり方がわからない場合には店頭で手続きをしましょう。

携帯料金支払いでお得なクレジットカードはキャリアで異なる!

キャリアによってはそのキャリアで利用した携帯料金の支払いがお得になる「ユーザー向けカード」が発行されており、そういった事情もあり、キャリアによって「お得なクレジットカード」は異なります。

ドコモならdカードもしくはdカードゴールド 、auならauWalletカードといったように、そのキャリア「専用」とも言える存在のクレジットカードのほか、一般のクレジットカードの中にも携帯料金支払いでお得になるものもあります。

そのため、安易にクレジットカードを決めるのではなく、自分が使っているキャリアで最も使いやすい、お得なカードをきちんと選び、納得の上で使うのが一番です。



携帯料金支払いに適したクレジットカードの選び方

クレジットカード選び

携帯料金の支払いに合っているクレジットカードを選ぶときには、次のことに注意してみましょう。

POINT

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 携帯関係の特典・サービス

1.年会費

携帯料金をお得にするためにクレジットカードを選ぶ場合は、「年会費」は必ず見ておくべき項目です。年会費は一般的なクレジットカードよりも高くても、お得度がたかくそれを相殺できるのであれば問題はありませんが、クレジットカードを発行して携帯料金を支払うメリット以上に年会費が高額になるのは意味がありません。

例えば、年会費が無料で年間に1,000円分しか得しないカードと、年会費が1万円でも年間に2万円分得するカードがあれば、実際にはどちらを選ぶべきと言えるでしょうか。単純に考えれば、両者の「純粋なお得」な差は9,000円分、年会費が1万円のカードの方が大きくなっています。このように、年会費だけでは一概にそのカードの価値を見極められない例もあります。

年会費は、クレジットカードの「中身」とのバランスを見て支払う価値がある、支払ってもメリットがあるかを見極めましょう。

2.ポイント還元率

携帯料金をクレジットカードで支払うわかりやすいメリットが「ポイント還元率」です。キャリアが発行するクレジットカードなら、紐付けしているだけで携帯料金の10%をポイントバックするなど、優れた機能を持つカードがあります。

そういった自分の利用しているキャリアに都合のよいクレジットカードがなくても、一般的にポイント還元率が良いものですと「1.0%」の還元率というカードは少なくありませんので、そういったカードを選ぶのも一つの手段です。ポイント還元率の一つの基準として、最低でも「1.0%」以上のポイント還元率のカードを選ぶようにしましょう。

1.0%であれば、一般的な汎用性の高いクレジットカードでも何種類かありますので、キャリア発行のお得なカードがないときでもそういったカードを使えば、現金払いよりもポイント還元が受けられる分メリットは大きいと言えます。

3.携帯関係の特典・サービス

携帯料金を支払うために発行するクレジットカードですから、携帯関係で役立つプラスアルファのサービス、特典がついていると嬉しいですよね。例えば、そのクレジットカードで携帯端末料金を支払うとケータイが壊れたときに補償が受けられる「保険」が用意されているなど、ポイント還元など以外のメリットがあると、より「持っている価値」が上がります。

キャリアによってはそういったサービスを盛り込んでいないクレジットカードしかないこともありますが、せっかくカードを持つのであれば、携帯料金以外のメリットがないかもチェックしておきましょう。

携帯料金をクレジットカードで支払う際の注意点

一度設定したクレジットカードを変更することは難しくはありませんが、設定しても切り替えにタイムラグがあるなど何かと面倒です。携帯料金をクレジットカード払いに切り替える(設定する)前に、次のことを確認しておくといいでしょう。

POINT

  • お得度が高いカードを選べているか
  • 有効期限は大丈夫か

お得度が高いカードを選べているか

携帯料金をクレジットカード払いするときのカードの「選び方」は先に解説いたしましたが、実際にお得度がどの程度変わるかまで把握しておかなくては、せっかく作ったカードがあまりお得じゃなかったということにもなりかねません。

なんども記事でご紹介しているように、携帯料金は毎月ほぼ決まった金額の支払いが発生する「固定費」ですから、少しでもメリットの多いクレジットカードで支払うのは賢い選択です。発行するクレジットカードを決めてしまう前に、本当にそのカードで納得するのか、お得度が他のカードに優っているのかはきちんと確認してから取得しましょう。

有効期限は大丈夫か

意外と忘れてしまうのが「有効期限」の存在です。クレジットカードには「有効期限」というものがあり、有効期限を過ぎたクレジットカードは無効になります。一般的には、更新に問題がない場合は継続して使えるように、有効期限が過ぎてしまう前に切り替え先のクレジットカードが送られてくるものです。

カードが送られてきた時点できちんと切り替えをしておけば良いですが、忘れていると最悪の場合引き落としができずに「支払い遅れ」につながります。信用情報を悪化させないためにも、支払いにつかうクレジットカードの有効期限はきちんと把握しておくようにしましょう。

特に、「携帯料金」にしか使っていないクレジットカードなどは普段しまい込んでいるという方もすくなくありませんので、最低限有効期限だけは把握できるように、不安な方はスマホなどのカレンダーアプリで管理しておくといいですね。

携帯料金はクレジットカードで支払わないと損!カード払いで少しでもお得に利用しよう

携帯料金は毎月発生する「固定費」のひとつで、少しでも節約することで固定の生活費が安くなります。キャリアによっては携帯料金支払いに特化したクレジットカードも発行されています。

同じ携帯料金の支払いでも現金と、クレジットカードを活用した支払いでは実質10%も料金が異なるケースもあります。せっかく同じ金額を支払うのであれば、本記事も参考にしながら、少しでもお得になるクレジットカードを選んで賢く携帯料金支払いを済ませてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集