プライオリティパス付きクレジットカードなら無料で「世界のVIPな空港ラウンジ」が使える

クレジットカード活用・実践 更新:2018年6月11日 公開:2017年7月20日1,586 view

プライオリティパス

プライオリティパスは海外旅行に行く方に人気のサービスで、上位ランクのクレジットカードにサービスとして付帯しているケースも多く見られます。

今回は、「プライオリティパス」がついたクレジットカードを持つメリットや注意点、おすすめカードを紹介していきます。これまで興味のなかった方も、プライオリティパスについてしっかり知り、自分に向いているサービスかを検討する参考にしてくださいね。

プライオリティパスとは?

プライオリティパスプライオリティパスとは、ビジネスや旅行などで航空機を利用する際の待ち時間を快適に過ごせる「空港ラウンジ」を利用できる会員制プログラムです。使うには、プライオリティパスの対象ラウンジ受付で「プライオリティ・パス会員証」を提示するだけで、そのほかの身分証明は不要です。

現在、世界500都市、1,000か所以上の指定空港ラウンジを利用できるようになっており、ゴールドカードなどについているラウンジサービスよりもワンランク上の「VIPラウンジ」を、利用可能ラウンジとして多く取り扱っているのが特徴です。

VIPラウンジのほとんどは、航空会社が運営する「ビジネスクラス以上」のシート利用者や、マイレージプログラムの上級会員などを対象としており、多くはソフトドリンクだけではなくアルコール類、軽食なども提供されます。

無料でWi-Fiや電源の利用ができるのはもちろん、空港ラウンジによってはシャワーまで完備していることもあり、搭乗まで長時間待たされてもゆったりくつろげるようになっています。

プライオリティパスには会員の種類がある

プライオリティパスには会員の種類が「3種類」あり、それぞれ年会費と、サービスを無料利用できる回数が異なります。

KIND

プライオリティ・パス会員の種類

  • スタンダード
  • スタンダード・プラス
  • プレステージ

スタンダード

最も年会費が安い「スタンダード会員」は年会費99USドルで、サービスを利用するたびに同伴者と会員それぞれ「27USドル」を受付で支払います。

スタンダード・プラス

「スタンダード・プラス会員」は、年会費259USドルで会員本人は1年間に「10回まで」無料で対象ラウンジが利用でき、それ以上利用する場合は1回につき27USドル、同伴者は1回目から27USドルの支払いが必要です。

プレステージ

最上級ランクの「プレステージ会員」は年会費399USドル必要ですが、年間に何度利用しても本会員は「無料」で、同伴者は1回に付き27USドルで利用可能です。

クレジットカードに無料でついてくる会員権も、カードの種類によってどのランクの会員権が付帯するかは異なりますので、申し込み前に確認しておきましょう。

プライオリティパス付きクレジットカードのメリット

解説

プライオリティパスがついているクレジットカードは、通常のプライオリティパスの会員になるよりもメリットがあるケースもあります。ここでは、プライオリティパス付きのクレジットカードを持つメリット(プライオリティパスそのもののメリット含む)を解説します。

POINT

プライオリティパスの魅力

  • カードラウンジよりもワンランク上のサービスが楽しめる
  • クレジットカードの年会費だけで会員になれる
  • 単純にプライオリティパスの会員になるよりも豊富なサービスが楽しめる

1.カードラウンジよりもワンランク上のサービスが楽しめる

ゴールドカードに付帯する空港ラウンジよりもワンランク上のサービス

プライオリティパスを利用する最大のメリットは、ゴールドカードなどによく付帯する「空港ラウンジの利用権」で対象となる空港ラウンジよりも、一般的には「ワンランク上」のサービスが利用できるという点です。

もちろん、ゴールドカードなどに付帯している空港ラウンジサービスでもソフトドリンクや簡単なおつまみ、快適な空間などの良いサービスは受けられますが、やはり「ゴールドカード」の会員数がプライオリティパスの会員数に比べて多いので、やや混雑する可能性もあります。

プライオリティパスの対象空港ラウンジは「アルコール類」も無料で提供されているほか、軽食やデザートなど、カードラウンジ(ゴールドカード会員向けラウンジ)よりも内容がよく、シャワー室完備の場所もあるので、ただゆっくりくつろげるだけの空間だけではなく、さらに上のサービスを求める方に向いています。

また、ゴールドカード会員が利用できる空港ラウンジのほとんどは「国内」がメインですが、プライオリティパスは「世界中」に対象ラウンジをもっているので、海外旅行に頻繁に行く方にはとても重宝します。

2.クレジットカードの年会費だけで会員になれる

プライオリティパス付きのクレジットカードを持つメリットの一つが、「クレジットカードの年会費だけでプライオリティパスのメンバーになれる」ことです。

先にご紹介した通り、プライオリティパスの会員になるには、都度払いを選択しても最低「99USドル」の年会費が必要です。

日本円にすると最低でも10,000円以上となる年会費ですが、クレジットカードの中には「プライオリティパス」の「プレステージ会員(年会費399USドル、何度でも無料でラウンジ利用可能)」相当の権利が与えられるにもかかわらず、年会費が10,000円(税抜)に抑えられているカードもあります。

プライオリティパス会員に直接なるよりもクレジットカード会員がお得

この例を見ると、プライオリティパスの会員に直接なるよりも、クレジットカードの会員になって権利を得た方がお得になるのは明らかですよね。
もちろん、カードによっては他のサービスとの兼ね合いもありもっと年会費が高額になっているものもありますが、サービス内容、プライオリティパスの会員権と比べるとお得になるカードが多いのも事実です。

プライオリティパスに安く入会したいなら、プライオリティパス付きクレジットカードから検討するのがおすすめです。

3.単純にプライオリティパスの会員になるよりも豊富なサービスが楽しめる

プライオリティパスの会員に直接なるよりも、プライオリティパス付きのクレジットカードを持っていた方が年会費は安くなるケースがあるというのは紹介しましたが、それ以外のメリットとして、プライオリティパスのサービスだけではなく、「クレジットカード」に付帯しているサービスも利用できるということがあります。

例えば、プライオリティパスが付帯するクレジットカードは「プラチナカード」と同ランク以上のカードが多いので、対象となる高級レストランで大幅な割引(中には2人以上でコース利用時に1人分無料になるものも)が受けられる、宿泊施設や旅行の手配のサポート、海外旅行時の現地サポートなど、豊富なサービスが魅力です。

もちろん、ここに紹介したサービスがついていないカードもありますが、そういったカードも「ポイント還元率が高い」など他のメリットが得られますので、検討の価値はあります。

プライオリティパス利用時の注意点

空港ラウンジ

プライオリティパスをクレジットカードの付帯サービスとして利用する際は、あらかじめ対象ラウンジを確認して利用するのはもちろん、そのほかに注意点が3つあります。

  1. 会員ランクを確認しておく
  2. 同伴者は無料にならない
  3. 発行までに時間がかかる場合も

1.付帯する会員権のランクを確認しておく

クレジットカードに付帯するプライオリティパスは、カードによって「スタンダード会員」から「プレステージ会員」まで様々です。

年会費が安いから必ずスタンダード会員、ということもなく、お得な年会費でもプレステージ会員になれるカードもありますので、せっかく会員権がついてくるカードを選んだのに思っていた会員ランクと違った、とならないためにも、きちんと確認してから申し込みをしましょう。

2.同伴者は無料にならない

カードラウンジのサービスでは「同伴者も1名まで無料」というカードも多いですが、プライオリティパスは同伴者「有料」です。

そのため、夫婦でどちらかだけがプライオリティパス会員の場合、もう一人もラウンジを利用するには追加で27USドルの料金が必要になりますので、覚えておきましょう。

1年間に何度もプライオリティパスで空港ラウンジを利用する場合は、同伴者にあたる方も会員権を取得する方が結果的に得になりますので、1年間に何回ラウンジを利用するかを考えた上で「同伴者」として利用するか、それともクレジットカード、もしくはプライオリティパスへの直接申し込みで会員になるかを判断するといいですね。

3.発行までに時間がかかる場合も

プライオリティパスは、旅行前にプライオリティパスの付帯したカードを発行しておけば使える、というものではありません。

基本的に、クレジットカードにプライオリティパスが付帯する場合は、クレジットカードが到着してから別途「プライオリティパスへの申し込み」が必要になります。
そのため、カード到着後に申し込みをしていると、10日以上発行までに日数がかかってしまうこともありますので、旅行のためにギリギリにクレジットカードへ申し込むのは危険です。

旅行前までにプライオリティパスを使える状態にしたいのであれば、できるだけ余裕をもったスケジュール(できれば数ヶ月前など)でクレジットカードに申し込むようにしておきましょう。

おすすめのプライオリティパス付きクレジットカード3選

プライオリティパスがついてくるクレジットカードはいくつかありますが、それぞれ年会費やサービス内容が異なります。ここでは、プライオリティパス対応カードの中でも、特におすすめできるカードを3枚ご紹介いたします。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 1.0%〜5.0% 発行日数 約1週間

楽天プレミアムカードは、プライオリティパス目的で発行するカードとしては年会費がとてもリーズナブルで、プライオリティパスのため「だけ」に発行してもお得と言えるクレジットカードです。

年会費は10,000円(税抜)で一般的なゴールドカードクラスですが、ついてくるプライオリティパスの会員権は「プレステージ会員」と同等ですので、約4分の1の年会費でプライオリティパスが利用できることになります。

入会限定キャンペーン

新規入会&カード利用で、最大13,000円相当のポイントプレゼント!+さらに楽天Edy機能付帯キャンペーン!Edy500円分がチャージ(入金)されているカードをお送りします!

もちろん、プライオリティパスで利用できる空港ラウンジとは別に用意された国内の主要空港ラウンジも利用できますので、利用できる空港ラウンジの幅が広くなっています。

プライオリティパス以外の特徴としては、旅行傷害保険が最高5,000万円まで付帯する、海外旅行時には世界38拠点ある現地デスクでサポートがうけられるなどの「旅行」に便利なサービスが充実しています。

楽天市場でよく買い物をする方なら、ポイント還元率が優遇されるサービスもありますので、「海外旅行」によく行く方、楽天関連のサービスを利用する方におすすめです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
20,000円+税 年会費
(2年目)
20,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 最短3営業日

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、銀行系のクレジットカード会社である「三菱UFJニコス」から発行されているプレミアムカードです。プラチナカードとしては年会費が格安で、20,000円(税抜)で利用することができます。

入会限定キャンペーン

新規入会と条件クリアで最大2,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがもらえる!キャンペーン

こちらのカードもプライオリティパスの「プレステージ会員」と同等の会員権が与えられますが、なんと「家族カード」所有者にもプライオリティパスが無料で付帯するので、実質「2名分」のプライオリティパスがついてくることになります(サービスは変更される可能性もあるので、申し込み時に確認しましょう)。

また、プライオリティパスの会員権のほかに、「スーペリア・エキスペリエンス」というプラチナ会員だけの特別な優待プログラムや、対象レストランでコースメニューを予約すると、2名以上の利用で「1名分無料」「プラチナ・グルメセレクション」という非常にお得なサービスもあります。

ここでは紹介しきれませんが、そのほかにもMUFGカード独自の三菱東京UFJ銀行での手数料優待や手厚い付帯保険、コンシェルジュサービスなど、まさに年会費以上のサービスが盛りだくさんです。

様々なシーンで役立つリーズナブルなカードが欲しい方にぴったりの1枚です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
20,000円+税 年会費
(2年目)
20,000円+税
還元率 0.5%〜1.0%  発行日数 最短3営業日

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンから発行されているビジネス向けクレジットカードです。

年会費は20,000円(税抜)とプラチナカードの中でもリーズナブルで、年間200万円以上のショッピング利用で年会費10,000円(税抜)となるので、最もコストがかからないプラチナカードの1つと言えます。

入会限定キャンペーン

新規ご入会キャンペーン!お申し込み、カード発行で永久不滅ポイント1,600ポイント(8,000円相当)プレゼント!

一応「ビジネス向け」のカードではありますが、一般的な法人・ビジネスカードのイメージとは異なり、普通の会社員でも申し込み可能となっています。

もちろんこのカードもプライオリティパスの会員権が付帯しており、「プレステージ会員」と同等のサービスが受けられます。
家族会員はプライオリティパスが発行されませんが、同伴者は1人「2,000円」という格安で利用できるので、通常のプレステージ会員よりも年会費も実際の利用時もお得です。

プラチナカードということで、いざという時の強い味方である「コンシェルジュサービス」が付帯しているほか、旅行傷害保険やトラベル関連のサービスなども充実しています。

通常のプラチナカードとは異なる特徴として「ビジネス向け」のサービスも用意されているので、個人事業主の方でも快適にサービスが利用できるようになっていると言えます。
格安の年会費で手厚いサービスが受けられる、コストパフォーマンスに優れたビジネスカードです。

まとめ|プライオリティパスは海外旅行者におすすめのサービス!

プライオリティパスは、世界中の対象空港ラウンジが利用できる会員制プログラムです。

入会する方法として、直接プライオリティパスへ入会する以外に、「クレジットカード」の付帯サービスとして入会する方法もありますが、総合的に考えると「クレジットカード」に付帯しているサービスとして利用する方がリーズナブル、かつ豊富なクレジットカードのサービスが受けられて便利です。

クレジットカードを持ちたくない方は「プライオリティパス」へ直接入会する方が良いですが、プライオリティパスの年会費をできるだけ抑えて、さらに豊富なサービスが受けたいなら、ぜひ「プライオリティパス付きクレジットカード」から自分好みの1枚を探してみましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集