海外旅行にクレジットカードは必要!その理由とは?

海外旅行中の女性二人

海外旅行に行くならクレジットカードは必要、と聞いたことはないでしょうか? とはいっても、なぜ必要なのか「理由」を知らなければ、あまりピンときませんよね。

今回は、クレジットカードがなぜ海外旅行に必要なのか、持っていないとどうなるのかなど、「海外旅行」に関するクレジットカード情報をお届けします。あわせて海外旅行にオススメのクレジットカードも解説していますので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

海外旅行にクレジットカードが必要な5つの理由

海外旅行にクレジットカードが必要! と言える理由は、次の5つです。

POINT

海外旅行にクレジットカードが必要な理由

  • 支払いがスマート
  • 現金よりも安全
  • 身分証がわりになるv
  • 海外のサポートサービスが利用できる
  • 保険料を節約できる、盗難時も安心

1.支払いがスマート

クレジットカードを海外に持っていくと、支払いが非常にスムーズです。今では先進国ならカード決済がメインになっている国も多く、小銭を出すと痛がられるケースもあります。

クレジットカードなら、お釣りを間違えられることも、支払額を間違えることもないため、非常にスムーズでスマート。サッと海外のレジでお会計を済ませたい方は、クレジットカードが必須です。

2.現金よりも安全

海外旅行にクレジットカードが必須と言える大きなメリットの一つが「現金よりも安全」だということです。

クレジットカードは万が一紛失や盗難されても、すぐにカード会社に連絡して利用停止ができるほか、自分に非がないような状況であれば、盗難保険が適用されます。そのため、被害は最小限で済むことも。

その一方で、現金しか持っていなければ、盗まれた、落としたお金はほぼ100%返ってきません。海外は治安が日本よりも良くないこともあり、現金を盗まれることも他人事ではありません。

いざという時のそなえとして、クレジットカードはおすすめです。

3.身分証がわりになる

クレジットカードを持っている=支払い能力があると判断されるため、海外ではクレジットカードが身分証がわりになることがあります。逆に言えば、クレジットカードがなければ全く相手にされないことも。

海外旅行に行くなら、クレジットカードは絶対に必要と言える理由が、この「身分証がわりになる」というところです。気概旅行に行っても、せっかく楽しみにしていたサービスやレストランを利用できない……とならないためにも、クレジットカードは必ず持っていくようにしましょう。

4.海外旅行のサポートサービスが利用できる

クレジットカード会社やカードの種類によっては、海外旅行時のサポートサービスが手厚くうけられることがあります。

中でも、JCBカードは海外の主要都市に「JCBプラザ」を設置しており、日本国内からの予約・観光情報のサポート以外に、現地での日本語サポートも充実しています。一般的に「海外では使いにくい」と言われているJCBカードですが、こうした海外での安心できるサポート体制に関しては非常におすすめできます。

海外旅行がなんとなく怖い、外国語が苦手という方こそ、クレジットカードが必要です。ぜひ、こうしたサポートサービスを活用しましょう。

5.保険料を節約できる、盗難時も安心

クレジットカードには、海外旅行傷害保険やショッピング保険といった「付帯保険」がついているタイプもあります。海外で怪我や病気になったり、せっかく購入した商品が盗まれてしまったりした際には、この「カード保険」が心強い味方になります。

基本的に「死亡・後遺障害」以外の「海外旅行障害保険」は、カード会社が違っても保険料の「合算」ができます。そのため、複数枚のカードを持つことで、保険を手厚くし、追加で加入する有料海外旅行保険の補償額・保険料を節約することだって可能です。

海外旅行傷害保険で最も重視すべきは「傷害・疾病治療費」と「携行品損害」の項目ですので、カードを選ぶ際はそこをよくチェックしてくださいね。いざというときに補償額が足りるように、渡航先によって、きちんとカード保険と有料保険を組み合わせてくださいね。

海外旅行にクレジットカード「なし」だとどうなる?これを見ると必要と思うかも

何かを考えている女性

ここでは、クレジットカード「なし」だとどうなることが考えられるのか、具体的にご紹介します。

POINT

クレジットカードなしだと困る可能性があるケース

  • レンタカーなどのサービスが使えない
  • ホテルの利用を断られることもある
  • お金を盗難されるとどうしようもなくなる
  • 個人旅行だとサポートが受けられない

1.レンタカーなどのサービスが使えない

レンタカーをはじめとする一部のサービスやお店では、クレジットカードを提示できないとそもそも「利用不可」というケースがあります。

せっかくの楽しい旅行が、そんな理由でサービス利用できないとなると悲しいですよね。海外旅行を快適に過ごすなら、クレジットカードは必要なツールだと言えるでしょう。

2.ホテルの利用を断られることもある

これを見て驚く方もいるかもしれませんが、海外ではクレジットカードがないとホテルの利用を断られることが普通にあります。

というのも、クレジットカードを持っている=支払い能力があるという証明になるからです。逆に言えば、クレジットカードを持っていない人=お金がない、支払い能力がない人と判断されてしまいます。

当然ですが、ホテル側はそういう人を好ましくは思いません。そのため、身分証明がわりにクレジットカードを提示できない方だと、宿泊が難しくなることがあるのです。

もちろん。パッケージツアーなどで事前に料金を支払っている場合は、その限りではありません。

3.お金を盗難されるとどうしようもなくなる

クレジットカードがないということは、支払いは全て現金になりますよね。

となると、現地でお金を盗まれてしまうと、非常に困ってしまいます。先にお話しした内容と重複しますが、一般的には、海外旅行中にお金が盗まれてしまえば、もうお金は返ってきません。

クレジットカードはいざという時にはカードを停止すれば被害は最小限で済むだけではなく、被害も「保険」でまかなうことができます。

お金をなくさない、減らさないためにも、海外旅行はクレジットカードが必要。さらに、盗難された時の対策として複数枚あると安心です。

4.個人旅行だとサポートが受けられない

パッケージツアーではツアー会社の手厚いサポートが受けられることもありますが、個人旅行となると、そうはいきません。

言葉の通じない海外で、レストランを予約するのも至難の技です。楽しみにしていたレストランの予約方法がわからず、高いお金を出して海外に行ったのに全く楽しめなかったとなるのは残念です。

クレジットカードの種類によっては、スムーズにレストランやアクティビティの予約ができる現地サポートがついてくることもあります。特にサポートに関してはJCBカードがおすすめですので、迷った方はVISAカード1枚、JCBカード1枚という組み合わせを選びましょう。

海外旅行時にクレジットカードが使えるかどうかはどう確認する?

海外旅行時にクレジットカードが使えるかどうかは、お店に提示してある「国際ブランド」のマークをチェックしてみましょう。自分の持っているカードの国際ブランドが、VISAなのか、それともMasterCard、JJCb、ダイナース、アメックスどのブランドなのかを知っておけば、海外のレジでも困ることはありません。

ちなみに、「三井住友カード」や「エポスカード」などの「カード発行会社」はどこであっても問題ではありません。カードが使えるかどうかは、「国際ブランド」によって決まります。

海外旅行にオススメの国際ブランドは、VISAカードです。VISAなら基本的にどの地域に行っても、カード対応エリアなら使える可能性が高いブランドです。

一方で、JCBやアメックス、ダイナースはやや劣勢ではありますが、JCBは海外向けの「サービス」が充実しているため、理想は「VISA」と「JCB」両方持っていくことですね。

クレジットカードを海外利用した時に気をつける必要のあるポイント

クレジットカード紹介

クレジットカードを海外で利用した際は、次のことに気をつけましょう。

  1. 帰国後は利用明細を確認
  2. 引き落としがリボ払いになっていることも

1.帰国後は利用明細を確認

クレジットカードで海外旅行の買い物や支払いを行った際は、帰国後に必ず「利用明細」をチェックしておきましょう。受け取った売上票と内容が異なっていれば、すぐにカード会社に連絡する必要があります。

また、スキミング被害に知らないうちにあっていると、身に覚えのない請求が大量にきてしまうことも。すぐに気がつかなければ、自分で支払うことになる可能性だってあります。

そうならないためにも、帰国後はすぐにカード明細をきちんと確認してくださいね。

2.引き落としがリボ払いになっていることも

クレジットカードの引き落としは普段は「一括払い」という方も、初期設定で海外支払いだけは「リボ払い」になっているケースがあります。

リボ払いを利用すると、毎月定額の支払いになってしまうため、なかなか返済が終わらずに高い手数料を支払うことになるかもしれません。そうならないためにも、クレジットカードの設定がリボ払いになっているかを確認しておき、すぐに直しておきましょう、

海外旅行で「ステータス性」の高いクレジットカードは役立つ?

ステータスを表すプレート

海外旅行に出かけた際は、ステータス性の高いクレジットカードは役に立つのかが気になる方もいると思います。ここでは、海外でどういう場合にステータスカードが「役立つ」のかを解説します。

POINT

  • ステータス=社会的信用度でもある。部屋のアップグレードが受けられることも?
  • 単純にサービス面で役立つ可能性大

ステータス=社会的信用度でもある。部屋のアップグレードが受けられることも?

先の解説で、海外ではクレジットカード=支払い能力だと見なされる、というお話をしましたよね。

となると、ステータス性の高いクレジットカードは、それだけ「信用度」が高まると言えます。一般カードでは信用されない……というわけではありませんが、ホテルやレストランでの待遇が「悪くなる」ことはないと言えますよね。

特に、アメックスゴールドカードなど「誰がみてもハイステータス」なカードでは、その差を感じるかもしれません。なかには、部屋を無料でアップグレードしてもらえたという話も。

ただし、このアップグレードがクレジットカードのステータスと直接関わっているかは、残念ながら確かめられません。あくまで「そういうこともある」くらいの認識にとどめておきましょう。

単純にサービス面で役立つ可能性大

ハイステータスなクレジットカードは、単純に付帯サービス面でかなりメリットが大きいと言えます。

例えば、海外旅行に行くなら、飛行機に搭乗するまでの待ち時間をどう過ごすか困ってしまうこともありますよね。ステータス性の高いカードの多くは「空港ラウンジ」を無料で利用できるサービスが付いてくることがあります。空港ラウンジサービスを利用すれば、待ち時間をゆったりと、有意義に過ごす事ができます。

他にも、付帯保険の補償額は一般カードよりも高く設定されており、ステータス性の高いカードはワンランク上の保険内容・サービス内容が魅力です。海外旅行に行くにあたって、少しでも空港でゆったり過ごしたい、付帯保険を良くしたいという方は、ぜひハイステータスなカードに申し込んでみてください。

海外旅行におすすめのクレジットカード3選

ここでは、海外旅行に必要! と言える非常に便利な海外向けクレジットカードを3枚ご紹介します。どんなカードを持っていけばいいかわからない、という方はぜひ参考にしてくださいね。

POINT

海外向けクレジットカード3選!

  • エポスカード
  • JCBゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

1.エポスカード

エポスカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5〜5.0% 発行日数 最短即日発行

エポスカードは、年会費無料で発行されているマルイ系列のお店でお得なクレジットカードです。

年会費は無料、国際ブランドはVISAカードと決まっています。一般カードであり付帯特典も海外向けとは言えないこのカードがなぜおすすめかというと、「付帯保険」がゴールドカードクラスの内容になっているから。

海外旅行傷害保険の疾病治療費は最高270万円、傷害治療費は200万円と非常に高い水準です。

入会限定キャンペーン

Net限定!エポスカードの新規ご入会で
2,000円分のエポスポイントをプレゼント!

ゴールドカードでも300万円程度、一般カードなら50万円もしくはゼロというカードも多くある中で、「自動付帯」かつ保証がしっかりとあるのは素晴らしい魅力です。

メインカードとしてやや付帯特典が弱いものの、付帯保険+国際ブランドVISAというだけで持っていく価値のある1枚です。メインカードにステータスカードを用意して、「サブカード、予備カード」として持つのがいいでしょう。

2.JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

JBCゴールドカードは、JCBが発行している正統派ゴールドカードです。年会費は1万円、ポイント還元率は0.5%(海外では1.0%)。

付帯保険が充実しており、最高1億円の海外旅行傷害保険に疾病・傷害治療費300万円はプラチナカードに匹敵する手厚さです。ショッピング保険もしっかりとついているのが嬉しいですね。

入会限定キャンペーン

新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大10,000円分プレゼント! 初年度年会費も無料!さらにスターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

空港ラウンジサービスがついているので、出発前の時間をゆったりと過ごせるのも、ゴールドカードならではの魅力です。

国際ブランドはもちろんJCBなので、ハワイや台湾、日本人観光客が好む場所以外では使いづらいかもしれませんが、このカードブランドの魅力はそこだけではありません。現地サポートをしっかり受けられる「JCBプラザ」は、日本語しか話せなくても渡航先で快適に過ごせるよう、レストランやアクティビティの予約サービスも行なっています。

海外旅行に出発前からレストラン予約などのサポートが受けられる電話サービスもありますので、まさに「旅する日本人のためのクレジットカード」。どのカードがいいか迷った際は、まずこの1枚を発行しましょう。

3.アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費
(初年度)
29,000円+税 年会費
(2年目)
29,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、年会費29,000円で発行されているゴールドカードです。国際ブランドはアメリカン・エキスプレスですので、こちらをメインカードとするならサブカードにVISAカードが必須です。

世界的に「富裕層向けカード」として高いステータス性を誇るアメックスの「ゴールドカード」ですから、付帯サービスや保険も手厚く、トラベルを楽しみたい方にぴったり。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードご入会特典!初年度年会費無料(29,000円相当)

空港ラウンジはもちろんのこと、ワンランク上の空港ラウンジが世界中で楽しめる「プライオリティパス」の会員権が付帯しており、年に2回まで利用できます。さらに、海外旅行傷害保険は最高1億円、ショッピング保険も充実しています。

カード会員専用のトラベル関係オンライン予約サービスや、海外での電話サポートサービスもありますので、海外旅行にステータス性の高いカードを持っていきたい方にはおすすめです。

海外旅行にクレジットカードは必要!自分にあったカードを複数もって行こう

海外旅行にいくなら、クレジットカードは「必要」です。

クレジットカードを持っていくことで、支払いがスムーズになるだけではなく、万が一盗難されても現金より被害が少なく済むことや。付帯サービスが使えることなど、「持っていかない理由がない」と言えます。

逆に、クレジットカードを持っていかなければ、使えないサービスがあったりホテルに宿泊できなかったりとデメリットだらけです。ぜひ、クレジットカードは海外向けに2〜3枚発行し、持っていくようにしましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集